スポンサーリンク

最良Aさんと最善Bさん

性格が真反対のAとBが魅せるノージャンルブログ

スポンサーリンク

サイクル理論

サイクル理論とは、【レイモンドAメリマン】が提唱した理論です。

相場は上昇下降の繰り返しで形成されています。

この上昇、下降、上昇の繰り返しを【サイクル】と言います。

このサイクル理論を用いることによって、
相場の天井を把握しトレードを行うことが出来ます。


☆サイクル理論には、5つの種類があります。
■4Hサイクル
■メジャーサイクル
■プライマリーサイクル
■中期サイクル
■長期サイクル


〇4Hサイクルとは?
ロウソク足の4時間足を使い
サイクルの始まりから60本~80本前後のサイクルで1つのサイクルを形成していると考えます。



〇メジャーサイクルとは?
ロウソク足の1D足を使い
サイクルの始まりから35本~45本前後のサイクルで1つのサイクルを形成していると考えます。



〇プライマリーサイクルとは?
ロウソク足の1W足を使い
サイクルの始まりから24本~35本前後のサイクルで1つのサイクルを形成していると考えます。

このサイクルの周期に収まる確率は80%にも及ぶと言われています。


中期サイクル、長期サイクルはあまり使用しないため、省きます。

☆サイクル理論の覚えるべき二つの形
■ライトトランスレーション
■レフトトランスレーション


〇ライトトランスレーションとは?
サイクルの始まりから見て、サイクル終了の部分が始まりより高い位置で終わります。
アルファーサイクルで例えると、
1本目の安値から60本目のサイクルの終値は高くなるという事です。




〇レフトトランスレーションとは?
サイクルの始まりから見て、サイクル終了の部分が始まりより低い位置で終わります。
アルファーサイクルで例えると、
1本目の安値から60本目のサイクルの終値は低くなるという事です。




どうやって見極めるのか?
最安値から最高値そして、最安値の順に形成されるサイクルの中で、
最安値から、最高値まで、どれくらいの本数が経過したか?で判断します。



4Hサイクルで例えますと、
60本で終わるサイクルの場合
30本未満で最高値を更新したら、レフトトランスレーション
30本以降で最高値を更新したら、ライトトランスレーションとなります。

また、サイクルは小さなサイクルが3~4つで一つ上のサイクルを形成します。
f:id:poadapoa:20200411022622p:plain
赤がプライマリーサイクルです。
プライマリーサイクルは3~4つのメジャーサイクル(黄色)で形成されます。
また、メジャーサイクル(黄色)は、3~4つの4Hサイクル(青色)から形成されます。




このサイクル理論を使うことで、
相場の、底や天井を見つけることが出来、エントリーに役に立つこと間違いなしです。

※このブログは私個人の分析、見解によるもので、投資を強要している訳ではないので、投資は自己責任でお願いいたします。また、クレーム等は一切受け付けていないのでご理解の程宜しくお願い致します。 スポンサーリンク