スポンサーリンク

最良Aさんと最善Bさん

性格が真反対のAとBが魅せるノージャンルブログ

スポンサーリンク

用語集

pips(ピプス)・・・全通貨ペア共通の単位として使われます。
pipsは、最小通貨単位の100分の1の単位です。
例)1pips=0.01円=1銭


スプレッド・・・FX会社に支払う手数料


ASK・・・買うときの値段(現在価格にスプレッドを乗せた値段)


BID・・・売るときの値段(現在価格にスプレッドを乗せた値段)



通貨ペア・・・通貨と通貨の組み合わせのことです。
例)米ドルと日本円の組み合わせの事を(ドル円)通貨ペアと呼びます。
ヨーロッパユーロと米ドルでユーロドル等



ロスカット・・・証拠金維持率が一定のラインを下回ったときに、自動的に執行される決済のことです。
証拠金以上の損失を出さないための仕組みです。
例)証拠金100万円で取引をし、損失がー50万円(50%)になると自動で取引を強制終了します。
※ロスカット機能が間に合わず、大損どころか借金になってしまう可能性がある。



証拠金・・・FX会社に預ける担保金のことです。



必要証拠金・・・実際の取引に必要となるお金で証拠金から使用します。



有効証拠金・・・証拠金から取引に使用している必要証拠金を差し引いたお金。
例)証拠金10万円ー必要証拠金2万円=有効証拠金8万円となります。



証拠金維持率・・・実際の取引に対しての、取引証拠金が占めている割合のことを指します。
証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100 



スキャルピングトレード・・・数秒~数分間の、超短期売買のことです。
トレード期間が短い分、1回の取引での利益が小さくなるのが特徴です。



デイトレード・・・1日の中での値動きを利用して利益を狙う取引方法です。
1日のうちに数回の取引をし、ポジションを翌日に持ち越さないのが特徴です。



スイングトレード・・・数日から数週間程度の中期的な取引手法です。
数日から数週間続くトレンドが終わるまで、ポジションを保有し続けることとなります。



キャリートレード・・・低金利通貨で調達した資金を、高金利通貨と交換し、金利収入を得る取引手法です。
取引期間は数ヵ月~1年以上と、4つのトレードスタイルの中では最も長期となります。



レバレッジ・・・元手資金の1倍~25倍の金額を動かせる仕組みの事です。
例)4万円の証拠金があれば、レバレッジ25倍で100万円分の取引をすることができます。
FXが少額で始められるのは、このレバレッジの仕組みがあるからです。


損切り・・・ポジションを決済し、損失額を確定すること。
これはリスク管理において非常に重要なです!


ローソク足・・・チャート上に表示されている棒。
ローソク足の色は設定やFX会社によって様々ですが、上下を表すもの。


ヒゲ・・・その時間足での上下方向に動いた痕跡。
ローソク足での細い線をヒゲ、太い線を実体といいます。


始値・・・その時間に最初に成立した値


高値・・・その時間内に成立した、最も高かった値


安値・・・その時間内に成立した、最も低かった値


終値・・・その時間の最後に成立した値


陰線・・・終値が始値より低いローソク足を、陰線と呼びます。


陽線・・・終値が始値より高いローソク足を、陽線と呼びます。


ポジション・・・未決済の取引を指します。


ロット・・・注文量のこと。
1ロット=10,000通貨といい1ロット1,000通貨などFX会社によりロット数は異なります。


ショート・・・売り、売り注文すること。


ロング・・・買い、買い注文すること。


エントリー・・・注文を入れること。
例)ショートでエントリーする。=売りで注文をいれること。


テクニカル分析・・・過去の値動きのパターンから、将来の値動きを予測する分析手法のこと。


テクニカル指標(インジケーター)・・・相場分析ツールで「トレンド系」と「オシレーター系」の2つに大きく分けられます。


トレンド系インジケーター・・・相場の大きな流れを示します。
全体的な相場の流れを把握するのに適しており、中長期の相場分析時に大変役立ちます。
例)移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、DMI など



オシレーター系インジケーター・・・相場の過熱度を示すことができます。
よく、売られすぎ買われすぎを測る指標と言われます。短期売買でも長期売買でも役に立つので、トレンド系指標と合わせて使っていきましょう。
例)RSI、ストキャスティクス、MACD、サイコロジカルライン など



トレンド・・・その名の通り、通貨の「流行」のこと。上昇トレンド、下降トレンドとどちらかに動いているということ。



レンジ・・・相場が大きく上がりもせず下がりもせず、一定の細かい上下を繰り返している状態のことです。



ナンピン・・・チャートが不利な状態の時にポジションを追加する行為を指します。



ドテン・・・持っているポジションを決済すると同時に、決済したポジションと逆方向にエントリーすること。



・・・ローソク足チャートに隙間があくことです。


こちらでは私たちのブログを読むのに最低限必要な用語解説になっており、ほかにも、
まだまだ専門用語はありますので知らない用語などを見つけた際にはぜひ調べてみてください。

※このブログは私個人の分析、見解によるもので、投資を強要している訳ではないので、投資は自己責任でお願いいたします。また、クレーム等は一切受け付けていないのでご理解の程宜しくお願い致します。 スポンサーリンク