スポンサーリンク

最良Aさんと最善Bさん

性格が真反対のAとBが魅せるノージャンルブログ

スポンサーリンク

よくわかる紫外線

スポンサーリンク

f:id:poadapoa:20190815003213j:image

そもそも紫外線とは何か知っていますか?

f:id:poadapoa:20190815210243j:image

漢字の分解するとすごく分かり易くなります。

 

紫の外の線...

 

紫色より外側の光線

 

と言う事です。

 

光線とは?

外側とは?

紫色とは?

 

ですよね。

 

人が認識している色を可視光線と言い、

この色は虹の色です。

 

(ちなみに人が目に見えない電磁波は

不可視光線と言います。)

そのままだよね!

 

電磁波の強さは、

 

紫<青<水色<緑<黄<橙<赤 

の順番で波長が高くなります。

f:id:poadapoa:20190815210617p:image

 

つまり、

目に見える波長の紫色より低い、

目に見えない所の光線が

 

紫外線と言う事です。

 

 

紫外線には、大きく分けて

UVA.UVB.UVCの三つに分類されます。

 

光線の源は太陽から地球に届く光線ですが、

UVCはオゾン層を通過することがないので、

今回はそっとしておきます。

 

太陽から降ってきたUVA光線が

人に当たると、

人の表皮(浅い所)を

飛び越え真皮(深い所)に到達し、

 

 

コラーゲン、ヒアルロン酸を破壊します。

 

さらっと言いましたが、怖くないですか?

 

コラーゲンが欲しくてすっぽんを食べたり

サプリを飲んだりとしても、

 

太陽光UVAを浴びるとコラーゲンは

壊されてしまい、

肌のダメージになってしまいます。

 

ヒアルロン酸は、

お肌の潤いと言われるやつですね。

 

これも壊されると潤いが失われ、

張りの無いお肌の出来上がりです。

 

次に気になるのが

皆さんシミだと思うのですが、

シミの原因はUVBです。

 

UVBが人に当たると、

メラニン色素(黒い色素)を作る細胞を

活性化させます。

 

本来ならターンオーバーなどで

出て行くはずのメラニンですが、

 

下層のターンオーバーのはじまりの部分が

UVAによって破壊されていると

 

ターンオーバーが遅れてしまい、

シミとして残ってしまいます。

 

これがシミ、シワ、乾燥などの原因

となる紫外線の実態です。

 

直射日光でなくても、

 

日の当たるところでは

反射してUVAもUVBも飛んでいますので、

日中肌を露出する場合部屋の中ででも

 

日焼け止めクリームを塗ることをオススメ致します。

 

先程触れました

『ターンオーバー』

f:id:poadapoa:20190815210327p:image

私たちのお肌は通常28日周期で

作り変えられています。

 

(年齢により異なります)

10代→20日周期

20代→28日周期

30代→40日周期

40代→55日周期

50代→75日周期

60代→100日周期

程度が目安になります。

 

お肌のケアをする、しないで、

ターンオーバーの日数は変動します。

 

ターンオーバーする事により、

古くなった肌細胞、

 

壊された肌細胞が上皮まで運ばれて

剥がれて落ちていきます。

 

このターンオーバーが低下する事により、

シミ、シワ、たるみ、などの

気になる原因となります。

 

 

 

僕の好きな言葉です。

『色白は七難隠す』

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村 ⬆︎ランキング参加してます。 応援していただければ幸いです!

 

※このブログは私個人の分析、見解によるもので、投資を強要している訳ではないので、投資は自己責任でお願いいたします。また、クレーム等は一切受け付けていないのでご理解の程宜しくお願い致します。 スポンサーリンク