スポンサーリンク

最良Aさんと最善Bさん

性格が真反対のAとBが魅せるノージャンルブログ

スポンサーリンク

料理初心者の始め方

スポンサーリンク

.f:id:poadapoa:20190814003231p:image

f:id:poadapoa:20190814005432j:imageどうもBです。

今回は料理初心者の方向けの

お話をします!

自炊を始められる方には、

結婚、一人暮らし、健康への配慮、

食費の節約、趣味の一環、などなど

色々な理由があると思いますが、

長く続けていく為の方法であったり、

料理をすることに楽しみと、

理解を深めるには、

どうすれば良いかというコトを

お話ししていきますね!

 

 

 

 

 

f:id:poadapoa:20190814010225j:image

・包丁を握るな!

こんなコト言うと「それは料理なのか?」

「上達するわけがない!」と、

ものすごく批判を受けそうなのですが、

普段していなかった料理を

習慣づけてやっていくには、

苦に感じないコトが1番だと思います。

 

料理だけでなく、ダイエットでも

なんでもそうだと思うのですが、

ムリは本当に良くないです。

 

なので、まずは包丁を使わず、

卵かけご飯のような、のせて完成!

みたいな〇〇ご飯からスタートするのが

いいと思います。

僕は料理を始めたのは中学2年ぐらいでした。

その時まさに作っていたのが、

ご飯に調味料を加えるということ!

 

その時のメニューで今だにやるのが、

「玉子マヨ丼」です!

白ごはんに白だしを少量かけ、

マーガリンでスクランブルエッグを作り

ご飯にのせ、マヨネーズ、黒胡椒、紅生姜

これが僕の鉄板メニューでした。

 

ツナマヨご飯でも、麺つゆとマヨネーズを

入れると美味しいとか、

ご飯に、牛乳、コンソメ、とろけるチーズを

加えて、レンジでチンすると、リゾットに!

 

などなど、簡単ですけど、

凄く多いバリエーションもあり、

なによりも、組み合わせを考える時点で

それはもう、料理なんです!

 

なのでまずは、簡単で美味しいと

思えるものを作り、

それを習慣づけていくのが大事です。

 

 

 

 

f:id:poadapoa:20190814014906j:image

・味付けするな!

またまた、「おい!何を言っとるのかね!」

と、つっこまれそうなコトを言いますが、

味付けが始めから上手くいくなら、

初心者ではなく天才でしょう!

次のステップでは、まずは包丁で、

食材をカットして、火を使って調理する。

この2点を練習することに専念しましょう!

 

先程言ったように僕は中学2年で

料理を始めました。

当時はスマホやパソコンでサクサクっと、

レシピを検索して、作ることができず、

知識もないのに親子丼を作ると、

醤油辛いし、玉ねぎは半生で、

まったく美味しくないものが出来上がった

記憶があります。

 

まして、毎食、毎食レシピを見て、

分量を計って作るなんて、

恐ろしい手間でしかありません。

 

なので、いきなり難易度を上げず、

〇〇の素などを使い、料理する。

美味しくないものは食べたくもないですし、

やっぱり料理は難しいからやめよう。

など、マイナスになるのが

一番ダメだと思います。

 

現代では、〔玉ねぎだけあれば酢豚が!〕

〔炒めた野菜に和えるだけ〕など、

ホントに数えきれないほどの

商品があります。

それらを駆使して自炊するのが

凄く料理してる感も出てきますし、

バリエーションが豊富なので飽きません。

 

ここで、もう一つ学んで

欲しいコトがあります!

 

それは、味付けする商品の成分表を

読んでみて欲しいのです。

よくわからない化学調味料のコトは

一旦スルーしてもらって、

使っている原料や調味料をみて欲しいのです!

「これにこんな調味料を使うんだー」

「この食材で、これは作れるんだー」

と、知識として蓄積されるはずです。

 

ちにみに、僕が無知であった頃、みりんの

使い道が全くわかりませんでした。

 

ということで、とりあえずは

包丁と火に慣れるコトが先決です!

 

 

 

 

 

f:id:poadapoa:20190817030617j:image

・味付けしよ!

ようやく味付けをする段階にたどり着きました!

ただ、ここで気をつけなくては

いけないのが『塩分濃度』です!

人は0.8%〜1%の塩分濃度が

美味しいと感じます。

材料が100gなら塩は0.8〜1gが理想です。

梅干しのように20%を超える塩分濃度の

食べ物もありますが、単体で食べた時の

美味しいと感じる味付けの基準です。

 

食塩だけで換算すると容易ですが、

醤油、味噌など調味料を使うと

計量だけでは塩分濃度を調整することは

難しくなります。

 

なので、初めは少しずつ味付けし、

その都度しっかりと味見をすることが

大切で、繰り返すことにより、

適量を導きやすくなります。

 

 

 

f:id:poadapoa:20190817033914j:image

・まとめ

今回は料理を始める方への

継続して作るということを

無理なくできるように

お話をしましたが、

始めから一から十まで作ってやるよ!

って、人はガンガン挑戦してみて下さい!

 

少しずつでも、確実に誰でも

美味しいものを作れると思います!

生活には欠かせないスキルですし、

持っていて損はないので、

是非、料理を始めてみて下さい!

 

 

さらに料理知識を深める目次にどうぞ

料理上手は〇〇〇上手 - 最良Aさんと最善Bさん

 

では、またー!

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑応援よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

※このブログは私個人の分析、見解によるもので、投資を強要している訳ではないので、投資は自己責任でお願いいたします。また、クレーム等は一切受け付けていないのでご理解の程宜しくお願い致します。 スポンサーリンク