スポンサーリンク

最良Aさんと最善Bさん

性格が真反対のAとBが魅せるノージャンルブログ

スポンサーリンク

細マッチョ ゴリマッチョ 筋トレの違い。

スポンサーリンク

f:id:poadapoa:20190826000555j:image

 

 

筋トレする時の目標って何ですか?

 

ダイエット?

f:id:poadapoa:20190826000730j:image

 

ムキムキ?

f:id:poadapoa:20190826000857j:image

 

よく世間では、

イケメン細マッチョがモテるとか

 

ゴリゴリのマッチョは男らしいとか

 

結構いい事が多くないですか?

 

僕の友達でマッチョな子は、

「俺はモテないけど、筋肉はモテる!!」

とまで豪語していました。

 

たしかに筋肉があって悪いことって

少ないと思います。

 

  1. 代謝が上がるため太りにくくなる。
  2. スタイルがいい体型いい姿勢になる。
  3. 自分に自信がつく。
  4. 思考が前向きになる

 

などなど、さまざまなメリットがあると

言われています。

 

そんな中、筋トレをすると言っても、

 

あなたがどうなりたいのか?で

f:id:poadapoa:20190826001914j:image

筋トレのやり方が変わってきます。

 

それを今回は紹介させてもらおうと

思っています!

 

ポイントとなるのは、

「頻度と順番」

 

◼️細マッチョ編

 

f:id:poadapoa:20190826002246j:image

 

細マッチョになるためには、

細くなる。

マッチョになる。

必要がありますよね。

 

基本的に筋肉は使う事により、

筋繊維が損傷し、

 

「次同じ負荷が来ても大丈夫なように

修復しよう」

 

と言う具合な経過を辿り、

徐々に筋力がアップしてきます。

 

この際筋肉の肥大が起きると

ゴリマッチョ

起きないと

細マッチョ

となります。

 

 

細マッチョになるためには、

まず、

 

気になる部位に筋トレを行います。

 

腕なら腕立て伏せ、

お腹なら腹筋、

足ならスクワット、

の様な筋トレをした!

とします。

 

細マッチョになるためには、

 

筋トレ後に筋肉肥大を

起こしてしまってはいけません。

そのために、

 

自分が軽く出来る程度の負荷で

長時間出来るだけ回数を重ねる事を

目的として筋トレをします。

 

 

細マッチョに重りは必要ありません。

必要なのは忍耐。

 

腕立て伏せでも。

腹筋でも。

スクワットでも。

自分の体重を支えるだけで

十分な負荷と考え

 

回数を多く出来るようにします。

 

回数を重ねる事により

筋肉が肥大する時間を与えず、

筋肉が動く事による代謝アップで、

脂肪燃焼を狙います!

f:id:poadapoa:20190826004159j:image

 

そして、さらに追い討ちをかける様に

 

有酸素運動を行います。

 

f:id:poadapoa:20190826004203j:image

 

そして、筋トレの期間を並べく

開けることなく出来れば毎日行います。

 

 

これで細マッチョへの道のりを歩めると

思います。

 

まとめますと。

  1. 荷重より回数
  2. 筋トレ→有酸素運動
  3. 毎日行う

この3点です。

 

 

◼️ゴリマッチョ

f:id:poadapoa:20190826000857j:image

細マッチョとは反対で、

ムキムキの隆々としたいかにも

強そうな感じになりたい人用。

 

ゴリマッチョになるために

筋肉肥大を起こす!

必要がありますよね。

 

 

筋肉に対し高負荷をかけて、

筋繊維をズタズタに損傷させます。

 

この時筋肉が、

 

「次同じ負荷が来ても大丈夫なように

修復しよう」

 

と言う具合な経過を辿り、

徐々に筋力がアップしてきます。

 

この際、

ゴリマッチョになるために、

修復の期間をしっかりと与えてあげるのです!

 

 

筋肉がいくら肥大して、

見えやすい様になっても、

外側に脂肪がついていると

ムキムキにはなりにくいです。

 

その場合、有酸素運動運動が有効です。

 

ですが、細マッチョの時に書いた通り、

筋トレ→有酸素運動だと

細マッチョになります。

 

今回はゴリマッチョなので、

有酸素運動→筋トレの順番でしてもらいます。

 

なぜなら、

有酸素運動で脂肪を燃焼

筋トレで追い込む事により、

さらに脂肪燃焼。

 

そして、筋肉肥大の期間を与えます。

 

しっかり重りを使い筋肉を最大まで負傷させ、

その筋肉が肥大する期間を与えます。

 

これで、ゴリマッチョへの道のりを歩めると

思います。

 

 

まとめますと。

  1. 10回が最大くらいの高負荷でとトレーニング
  2. 有酸素運動→筋トレ
  3. 一度トレーニングを行なった後しっかり

日にちを開けてからまた筋トレをする

この3点です。

 

 

違いがわかっていただけたでしょうか?

同じ筋トレ、有酸素運動を用いても

やる順番で変化するし

量、質で全然違う身体に変化します。

 

筋トレする事で若返りのホルモンが出る

と言う話もあります。

 

ぜひ何かはじめようと思っていたら

手始めに筋トレはいかがですか?

 

Aの一言

「僕は筋トレは3ヶ月が限界でした」

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

※このブログは私個人の分析、見解によるもので、投資を強要している訳ではないので、投資は自己責任でお願いいたします。また、クレーム等は一切受け付けていないのでご理解の程宜しくお願い致します。 スポンサーリンク