スポンサーリンク

最良Aさんと最善Bさん

性格が真反対のAとBが魅せるノージャンルブログ

スポンサーリンク

霊感?気功?なんなの?

スポンサーリンク

f:id:poadapoa:20190911003920j:image

 

小さい頃幽霊を見たかもしれない。

 

過去3度占ってもらった事がある僕。

手相占い

四柱推命

姓名判断

 

f:id:poadapoa:20190911011924j:image

 

方法、時期は違えど、2つ共通して言われる

言葉があった。

「あなた甘えん坊ね」

「霊感がめちゃくちゃ強いわ」

の2つ。

 

正直、

5人兄弟の末っ子なので甘えん坊なのは

自分でもわかる。

 

けど、

「霊感がめちゃくちゃ強い」

は全然嬉しくもなんともない。

 

そんな僕が体験した不思議な出来事3つを

話させてもらいたいと思います。

 

あなたの為になるような話はないと思います。

 

1回目の出来事。

 

僕が20歳の頃。

友達との待ち合わせ場所に向かう時に、

 

50代くらいの女性に呼び止められ、

「お兄さん、ちょっと時間もらえないかな?」

 

「私気功の勉強してて、

 最終試験中なんだけど、

 ちょっとお兄さんの身体貸してもらえない?」

 

「最終試験で私の全力での気功を

受けてくれる人を探してて、

やっと貴方が見つかったの。」

 

f:id:poadapoa:20190911011940j:image

「え?よくわからないので、嫌です。」

 

女性

「ほんと五分もかからないから、

何も起きないと思うからお願いします。」

 

「まぁ、少しの時間でいいならいいですけど、

何したらいいんですか?」

 

女性

「ほんと、ありがとう!

そこに立ってくれるだけでいいよ」

 

「じゃあさせてもらいます。」

 

と僕の背中に両手をかざしてくる女性。

 

人混みの多い中隅っこで、

背中に女性から手を当てられたまま

じっと待っていると、

女性が凄く汗だくになり

 

女性

「終わったわ。ありがとう」

 

「何かしたんですか?何もないんですけど...」

 

女性

「あなた本当に受け皿が広いから助かるわ。

なかなか全力を受けても耐えれそうな人が

いなくてやっと貴方を見つけたの。

本当にありがとう!」

 

と人混みに紛れて去っていく女性。

 

 

なんだったの??

f:id:poadapoa:20190911012006p:image

 

2回目の出来事。

 

鍼灸の学生時代。

 

僕は夜間学科で、

遠方でのお泊り実習がありました。

 

その時初めて、昼間部の方と会う機会が

ありました。

 

ですが、その時は別に昼間部の方と

お話をする事もなく、実習が終わり。

 

 

数年後。

国家試験も無事に終わり、

地元を離れ勉強会に行った時の話です。

f:id:poadapoa:20190913004725j:image

女性

「あれ?Aさんじゃないですか?

私〇〇専門学校で一緒の学年だった

Mです!」

 

「覚えてないですよね...会ったの2日間だけ

ですもんね。」

 

「え?2日どこで会いましたか?」

 

女性

「実習で同じだったんです。

その時Aさんを見つけてまた会いたいと

思ってたんです。よかったぁー」

 

「え?なんでですか?汗」

 

 

f:id:poadapoa:20190913004809j:image

女性

「私気功治療もしてるんですけど、

この間当たった患者様が物凄く強い人で

受け取ってくれる人探してたんです。」

 

「その時にAさんの事思い出してて、

あの人ならなぁ。と思ってたんです。」

 

「どういうことですか?強い人とは?」

f:id:poadapoa:20190913004925j:image

女性

「Aさん知らないんですか?

てっきり気功の先生だと思ってました。」

 

「マイナスの気が強い患者さんに当たって

私がしんどくなってしまってて、

少しづつ放気してたんですけど、

なかなか無くなり切らなくて」

 

「もらってくれる人を探してたんです。

この気に耐えれる人を」

 

「僕にその気を受け取れって事ですか?」

 

 

女性

「まぁ、そうなります。Aさんなら

全然平気だと思いますよ!

よく言われませんか?」

 

そういえば...昔一度あったような..

 

 

「一度そんな感じで最終試験とかで

背中さすられたことはありますね...」

 

女性

「なるほど、やっぱりよほど大きい器

持ってはるんですね!」

 

「人はそれぞれ気を出す人と受ける人で

分けられるんですけど、

ほとんどの人が」

 

「気を出す側の人なんです。

受け取り側の人は少なくて、

居ても器が小さくて全然受け取れない人とか」

 

「人混みが集まる場所が苦手でしんどくなる

病院行くと決まってしんどくなる」

 

「とかの人は受け取り側が多いですね。」

 

「ほほぉ、それの受け取り側って事ですか?

僕が。」

 

女性

「そうなんです!それも物凄く大きな器で」

「だから、

この気受け取ってもらえませんか?」

 

「私じゃしんどくて」

f:id:poadapoa:20190913005421j:image

「よくわからないし、しんどくなるのは

僕も嫌ですよ...」

 

女性

「Aさんなら特別何も変化ないと思いますよ!

前の時も何もなかったでしょ?

すぐ終わりますから!」

 

と僕の背中をスゥーと触って

 

女性

「楽になった!ありがとうございます」

「もうセミナー始まるのでまた後程!」

 

と言って、席に座って行きました。

その後セミナーが終わって何をされたのか

聞こうと思って探したけど、見つけられず

 

2回目の不思議体験終了。

 

 

 

数年後...

 

3回目の出来事。

 

 

鍼灸師にもなり、

鍼灸院で勤めていた頃の話。

 

 

いつもの日常の中で、

初めての患者様が来院。

 

入ってきて問診票を渡す受付さん

描きながら治療家達を見渡す患者様。

 

 

女性(患者様)

「私あの先生に治療して欲しいです。」

 

と僕の方を指を指す女性。

 

「どなた様からのご紹介で来て

頂いたのですか?」

 

女性

「いや、違います。一目見て先生に

して欲しいと思って。」

 

「そうなのですね、ありがとうございます。」

「ではおこないますね。」

 

その後何度か治療に来られる患者様は

次第に調子が良くなる。

 

 

治療1回目

少し楽になったわありがとう。

治療2回目

だんだん楽になってるよ!

治療3回目

もうだいぶいいよ!またしんどくなったら

来させてもらうね!

 

いつも帰り際に僕の背中をスゥーと

触っていく患者様...

 

この時は全然気にしていなかった。

 

 

半年後くらいにまた、

しんどくなってきたと来院。

 

この時、スタッフのみんなで、富士山に行くと

言う話で盛り上がっていた。

 

女性

「A先生は行かないでしょ?」

 

「いゃ、僕も一緒に行きますよ!楽しみです」

 

女性

「絶対にダメ!!A先生は行ったら

ダメな人だから」

 

「なんでですか?」

 

女性

「先生気功の話知ってる?」

 

「何年か前になんかされましたね。」

「しんどくなったから気を

もらってくれみたいな人が居て」

 

女性

「そう、それ!私も先生にもらって

もらってたの。」

 

「え?そうなんですか?

あぁ!いつも、背中触って来てましたね!」

 

女性

「そうそう、ごめんね、先生なら大丈夫だから

つい...」

 

「なんともないから別にいいですよ」

 

女性

「だからほんと行ったらダメよ、富士山」

 

 

「なんでですか?パワースポット初めてだし

行ってみたいんです!」

 

女性

「パワースポットってどういうところか

知らないのね。」

 

「あれは、悪い気を地球に返す場所なのよ」

 

「そうなんですね!悪い気を

捨てれるんですね!

それなら僕も捨てに行った方がいいんじゃ

ないですか?」

 

女性

「ダメダメ。

受け取り側の人が行くと地球が受け取るはずの

悪い気を人が受けてしまうから絶対にダメ」

 

「そうなんですか。けど行きたいんです。」

心の声

どうせそんなこと言われても実感ないし

 

女性

「本当に行くの??」

 

「もう予定組んじゃったので...」

「行きます」

 

女性

「わ・か・り・ま・し・た」

じゃあこの鈴あげるから、

これ絶対に持って行って。絶対よ!」

 

「わかりました。ありがとうございます」

 

と2つ鈴をいただきました。

 

富士山当日

 

 

山登りで1番怖いのが

高山病。

 

低酸素状態が続くことにより、

頭痛、吐き気、疲労感、息切れなど

の症状が起きます。

 

高山病対策として、

酸素ボンベ、酸素吸収率を良くするサプリ。

など、準備満タンで挑みました。

 

富士山の高山病スポットである8合目で

30分ほど休憩し、

 

再び歩く。

9合目到着。

 

また30分ほど休憩し身体を慣らす。

 

この時、言われた鈴を杖につけており、

歩くたびになる鈴の音に助けられていました。

 

 

そして、登る事

やっと10合目!!

 

10合目の入り口には鳥居がありました。

 

「よかったぁーー、やっと着いた!!」

鳥居の中に入り

 

一歩目

 

 

 

 

 

鈴が1つ勝手に弾け飛んだ!!

 

「なんで?飛んだん?」

 

スタッフ

「A先生辞めた方がいいんじゃないですか?

危ないですよたぶん」

 

「そうですかね。まぁここまで来たので

もうすこし...」

 

 

二歩目

 

 

 

 

 

 

 

 

2つ目の鈴がまたもや何故かはじけ飛ぶ!!

 

 

スタッフ

「ほんと、やばいですよ!!」

「もらった鈴吹っ飛んで行きましたよ!」

 

 ・

 

 

 

 

 

 

3歩目

 

 

 

 

 

 

 

 

「うぅぅぅ....オェェェェ」

f:id:poadapoa:20190913014639p:image

激しい頭痛と嘔吐に襲われそこから動く事が困難になりました。

 

せっかく来たのに、こんなにしんどいなら

帰ろうと思うが、身体を動かせない。

 

頭をよぎるあの言葉...

女性

「ダメダメ。

受け取り側の人が行くと地球が受け取るはずの

悪い気を人が受けてしまうから絶対にダメ」

 

動かなくなり。嘔吐、頭痛に襲われる

何時間?何分経った頃。

 

朝日が昇る。(ご来光)

 

f:id:poadapoa:20190913014050j:image

をバックに必死に立ち上がった一枚です!

 

それ以来変な?

不思議な経験はしておりません。

 

そして、鈴をくださった患者様は

鈴をくれた日を最後に来院されなくなり、

お礼を言えていない状態です。

 

もし、機会があれば、

忠告を無視して、辛い思いをした僕を笑って

ください。

 

ご心配おかけしました。

 

Aの一言。

「体験して思う、何かがきっとある。」

 

 

スポンサーリンク