スポンサーリンク

最良Aさんと最善Bさん

性格が真反対のAとBが魅せるノージャンルブログ

スポンサーリンク

成功者の先

スポンサーリンク

f:id:poadapoa:20191021130243j:image

 

生まれた。

とりあえず泣いてみた。

手を動かす。

足を動かす。

両方上手に出来たらひっくり返った。

そのまま手を動かすと前に進む。

つかまり立ちを覚える。

手を離すと立てるようになった。

歩けるようになった。

そして1年目。。

なにか声を出すと反応してくれる事に気がつく

聞こえる言葉を真似ると意味がわかってきた。

そして2年目。。

走れるようになってきた。

3年目...4年目...5年目....6年目。。

小学校と言うところで文字、数字を覚えた。

友達が出来た。

7年目...8年目...9年目...10年目。。

Bと出会った。

11年目..12年目。。

小学校を卒業した。

次は中学校に行くらしい。

先輩が出来た。

言葉の大事さを学んだ。

勉強と言うものがわからなかった。

13年目。。

彼女が出来た。

14年目。。

彼女と別れた。初めての失恋。

15年目。。

高校に行くためには勉強がいるらしい。

行ける高校はないと言われた。

勉強した。

なんとか高校に合格した。

16年目。。

高校生活スタート。

ドラックストアーでバイトをした。

自分だけ稼いだ初めての給料は母との晩御飯

何故か勉強が楽しくなっていた。

バイトと学校の日々だった。

17年目。。

次は就職か進学か選べるらしい。

魔法使いになりたかった。

シャーマンと言う仕事があるらしい。

鍼灸師と言う仕事があるらしい。

魔法使いは認められた職業ではないらしい。

迷った。大学に行って自分のなりたい物になる

魔法使いにはなれないのに大学に行くのか?

魔法の様な治療をしたいと思い鍼灸師を選んだ

そこから猛烈に勉強をした。

18年目。。

鍼灸師の専門学校に進学。

柔道整復師の資格を取る方がいいと言われた。

渋々柔道整復師から取る事にした。

19年目...

見習いとして働きながら学校に通った。

朝7時に出勤して帰りは23時頃だった。

年収は1,008,000円。月給84.000円で働いた。

20年目。。

時給118円と安い事に気がつき退職。

21年目。。

柔道整復師修了。やっと鍼灸師になれる。

就職する。年収300万くらい。

22年目...23年目...24年目。。

鍼灸師になった。

「好きな事をしていい。」と言われ今の職場に

25年目...26年目...27年目...

何もない。変化がない。

何をしているんだ?このまま変化のない人生で

言い訳がない!!

副業開始。

株式取引を始めた。

年間10万円程度の利益。

FXトレードを開始。

開始一ヶ月で30万円の消失。

猛勉強を開始。

再び10万円の損失。

ネットビジネスを開始。

ブログ開始。

28年目。。←今ここ

ブログ。FX。株式取引。鍼灸師。その他。

ある程度順調に行き、自分の時間も出来てきた

29年目。

システムも出来上がり、年収1000万円到達。

シンガポールに行く。マリーナベイに泊まる。

韓国に行く。カジノで100万円儲かる。

接骨院オーナーとして開業。

30年目。

最愛の人が見つかり結婚する。

子供が生まれる。

初めて自分より大切な人が見つかる。

 

そして。。。

自分が充分満足するほど稼いだ。

と想像した事ありませんか。

 

f:id:poadapoa:20191029002128p:image

 

成功者の人達の思考。

なぜ、人に優しいの?

なぜ、弟子を作るの?

なぜ、人に教えるの?

なぜ、、働くの???

 

と。考えました。

 

自分には、将来困らないくらいの

f:id:poadapoa:20191029002141j:image

「お金がある。」と思い込み、

 

両親を支えて行きたい。

 

友達の家系が苦しい時助けたい。

 

甥っ子姪っ子の祝い金などいっぱいあげたい。

 

◾︎もっと広く...日本では?

 

テレビで流れるニュース。

 

天変地異の災害により被害を受けた人々。

 

スポーツを頑張りたいけど、資金がない子供。

 

子育てをしたいけど、金銭面で望まない人々。

 

進学したいけど、家庭の事情で諦める人々。

 

◾︎もっと広く...日本を飛び越え世界へ

 

食糧難に困る子供たちを助けたい。

 

勉強をしたいけど、行けない子供達のための

学校を作りたい。

 

エイズなどの新薬の開発に投資すれば何億人の命が助かる?

 

自分が稼いだ。

 

だから

 

次に自分の稼ぎ方を、

 

家族、友達、恋人、恩人に

 

伝える。

 

自分の大切な人が幸せになる。

 

自分の地域が幸せになる。

 

自分の都道府県が幸せになる。

 

自分の国が幸せになる。

 

自分の世界が幸せになる。

 

自分が幸せになる事により、

これだけの影響が与えられるかもしれない。

 

だから僕は稼ぎたい。

 

ある男性の話。

 

「僕は自分の家族が年収360万円あれば

暮らせるからこれ以上の収入は望まない。」

 

と言っていた。

 

ある時この男性は1週間海外旅行に行き、

 

そこで現地の6歳くらいの女の子と出会った。

 

f:id:poadapoa:20191029002249j:image

その国は貧しく、食料も、

水も十分になかったため、

今日の朝話をしたお婆さんが夜には亡くなる。

 

元気で走り回っていた男の子が

3日後には亡くなる。

 

そして、

出会った6歳の女の子が男性が旅行に行った

1週間で亡くなってしまったのだ。

 

どうしてあんなに幼い子供達が亡くならなければいけないんですか??

と村長に尋ねた男性は衝撃を受けた。

 

村長

「ここの村は水がほとんどなく、

雨の日に溜まった水たまりを飲む事がほとんどで、その汚れた水を飲む事で病気になり

亡くなってしまう事が多いのです。」

 

男性

「どうする事もできないのですか?」

 

村長

「井戸を掘るお金があれば...」

 

男性

「いくら必要なんですか?」

 

村長

「◯◯あれば井戸一つ作れて約1000人が助かります。」

 

男性

「◯◯って...円だと五万円じゃないのか?」

「五万円で1000人の命が助かるのか?」

「もっと早く知っていたらあの女の子は...」

 

男性は気がついたのです。

適当に働いて30万円もらい、暮らす。

それで幸せ。

しかし、頑張ってあと五万円分余分に働き

お金ができる事によって、

f:id:poadapoa:20191029002311j:image

毎月1000人の命を救える事が出来たのに...

 

そして、男性は

もっと働き稼いだ分で井戸を掘りましたとさ。

 

Aの一言

「今の立ち位置では見えない世界がある」

 

 

 

 

スポンサーリンク