スポンサーリンク

最良Aさんと最善Bさん

性格が真反対のAとBが魅せるノージャンルブログ

スポンサーリンク

肌は小さな脳

スポンサーリンク

f:id:poadapoa:20191117124058j:image

 

「百獣の王」

 

と言えば?

f:id:poadapoa:20191117185904j:image

 

インターネットで検索すると

 

トップページに出て来る人。

 

知らない人は「人?」なの?と思うでしょう。

 

知ってる人は「あぁ、あの人か」と

 

そうです。

現代の百獣の王は「武井壮」さんです。

 

テレビにも出ている武井壮さん。

かなり独特の感性、トレーニング方法を

持っています。

 

さまざまな逸話をお持ちの武井壮さん。

 

◾︎武井壮さんの1日の平均睡眠時間は「45分」

◾︎陸上十種競技の日本記録保持者

◾︎パーフェクトボディーコントロール

などなど、

 

皆さんは、朝起きると今日は調子が悪い、

なんだか気怠い、力が入らない、目が覚めない

 

今日は、なんだか元気が出る。朝からスッキリ

挨拶がしっかり出来た。

 

など、いい日、悪い日のムラがありますよね。

f:id:poadapoa:20191117185930p:image

そのムラをなくし、

 

毎日がベスト状態

 

をどうやったら作れるのか?

を考えた武井壮さんは

 

「脇、掌、肘の内、股関節、膝裏と体温を計測

さらに、室温、気温、風を測定して、

自分がどう言う時にどう言う体調かを

6年間記録したと言います。」

 

そして、

「自分の着ているウェアの素材、寝具の素材

を全て記録し、

何を着ればベストなのか

何で寝ればベストなのか」

を記録していました。

f:id:poadapoa:20191117185951j:image

 

 

少し話しが変わりますが、

 

「色」って知ってますか?

f:id:poadapoa:20191117190035p:image

目で見て脳が認識しているです。

 

色は固有の振動のエネルギーを目で捉えて認識

しているのですが、

 

実は目以外でも認識出来る処があるのです。

 

人の肌にある「オプシン」と言うタンパク質が

色を認識すると言われています。

 

実際にやってみても面白いですが、

こんな実験があります。

 

 

目を隠して、目を見えない状態にします。

 

そして、

赤い紙と青い紙二枚用意します。

「青い方はどっちかな?」と質問すると

約半数の人が正解する事が出来るとあります。

 

二枚だから二分の一で正答率5割だと...普通じゃない?

 

とか捻くれた考えは置いておいて、

 

肌は色も識別しているのです。

 

ここまででも、肌の素晴らしい機能について

説明させてもらいましたが、

さらにもう一つあります。

 

そうです。我らが

 

 

東洋医学からの肌の力。

 

東洋医学では、

「肌は自分に合う物を認識する事が出来る」

と考えられています。

 

皆さん、

「Oリングテスト」又は「OKテスト」

って知りませんか?

f:id:poadapoa:20191117190009j:image

正式には、

バイ・ディジタル・オーリング・テスト

と言います。

 

 

 

検査を受ける人が手の指で輪を作り、

テストをする人も指で輪を作って

検査を受ける人の指の輪を引っ張り、

輪が離れるかどうかで判断する。

 

この時、

空いている方の手で異常がある部分を触ったり、身体に合わない薬や食べ物を持つと、

指の力が弱まり指が離れる。

 

と言うやつです。

 

また、検査を受ける人の指を開くテスト

とパターンもあります。

 

お分かりでしょうか?

 

身体は自分に合う物、合わない物を

認識しています。

 

 

余談ですが、

 

女性の最高の笑顔

の引き出し方って知っていますか?

f:id:poadapoa:20191117190024j:image

 

ある実験結果です。

 

女性の首から上の写真を5枚撮ります。

その時しっかりと「笑顔で」と伝えます。

 

しかしこの5枚の写真を男性に見てもらい、

「どの笑顔が1番素敵ですか?」

と尋ねると、一つの写真に集中しました。

 

同じ人の首から上の笑顔の写真。

 

果たして、何故でしょうか?

 

僕は枚数を重ねるたびに疲れて笑顔が引きずってたから

元気な笑顔の一枚目に集中した!!

 

と答えましたが、違います。

 

 

ほんとアホですね...あ、僕がですよ!

 

では、何が違うかったのか。

 

 

 

 

 

5枚の顔の写真を撮る時にそれぞれ違う服を

着て写真を撮りました。

 

しかし、写真に服は写りません。

だけど、笑顔には差が出る。

 

服が女性を綺麗にするのです。

 

 

これも肌が認識して、最高の笑顔を引き出したのではないか?と僕は思っています。

 

 

Aの一言

「アレルギーと塩素の関係も書こうと思ったけど、また次回!」

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク