スポンサーリンク

最良Aさんと最善Bさん

性格が真反対のAとBが魅せるノージャンルブログ

スポンサーリンク

フードの服by東洋医学

スポンサーリンク

f:id:poadapoa:20191130011030j:image

 

 

寒い時期になると、

自然と皆さんフード付きの服を選びませんか?

f:id:poadapoa:20191202130104j:image

特別かぶるわけでもないフード付きの服。

僕もその一人です。

 

かぶる事で、耳の保護、頭の保護には

なると思いますが、かぶる人?

 

ほとんどいませんよね?

 

オシャレだから?

かぶらないのに必要?

マッサージの時めちゃくちゃ邪魔!!

 

とか思いながら。

少し考えました。

 

 

「あぁ、そういえばそうか!なるほど!」

 

服のフードはかぶらなくても

オシャレでも

それ以外の役割があるのです。

 

 

 

東洋医学では。現在365個の経穴(ツボ)が

あると言われています。

 

頭のてっぺんから足の先まで全身を巡る経穴。

 

そのツボ一つ一つに意味、効果があります。

 

左右の耳の先端から頭の方に向かって登り

頭のてっぺんで交じり合う点。

「百会穴」ひゃくえけつ

と言うツボがあります。

 

このツボは、

百の病に合うと言われるツボで、

いろんな際に使う事が可能です。

 

僕の場合は、頭に血が昇ったり、

イライラしている時に鍼をする事により、

リフレッシュ効果としてよく使用するツボです

 

今回のフードの話からだいぶされましたが、

フードが当たる所に大事なツボがあります!

 

五行の中に五悪と言われる物があり

「風、熱、湿、寒、燥」

の五つの外気の事を表します。

 

五悪の中の

 

この風の特性として、

全身を素早く回る遊走性と言う性質があります

 

熱は上部に熱を与える。

湿は足元に重だるい感じを与える。

など

 

五悪それぞれに特徴があります。

 

この遊走性に優れた風が、邪気を浴びると

風の邪気が全身に回り風邪を引きます。

 

この風が入る、入り口が首の後ろにある

「風門穴」ふうもんけつ

です。

 

ここをお風呂のシャワーやカイロなどを使い温めてあげると、

 

ホッカイロ 貼る レギュラー 30個

ホッカイロ 貼る レギュラー 30個

 

 

 

暖かい風が風門穴から入り全身を巡る遊走性が

働き、暖かい風が全身に巡り

 

全身ポカポカになるのです。

f:id:poadapoa:20191202130120j:image

そのためフードのある服を着ると少し暖かく感じるのですね!!

 

と勝手に考察しておりましたとさ。

 

Aの一言

「風邪の予防にもなるとかならないとか」

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村